0
¥0

現在カート内に商品はございません。

NEW ARRIVAL
RECOMMEND ITEM
MARIANA MAGAZINE

思春期ニキビとは違う? 大人ニキビの原因とケア方法

大人になってから「ニキビがなんとなく治りづらくなった」と感じていませんか? 実はそれ、気のせいではないのです。思春期の時期にできるニキビと、大人になってからのニキビは発生の原因が違ううえに、代謝の衰えによってニキビの回復が遅くなってしまっているのです。ここではニキビが治りづらくなる原因と、ケアの方法について紹介します。治りづらい大人ニキビの原因思春期ニキビの主な原因は、過剰に分泌された皮脂が毛穴を塞ぐことによって起こります。一方大人ニキビの原因は、ストレスや肌の乾燥、生理周期によるホルモンバランスの乱れ、ターンオーバーの乱れなどがあります。そのため、これまでの思春期ニキビとは違ったケアが必要なのです。大人ニキビの予防と効果的なケアの方法・ピーリング大人ニキビは、肌のターンオーバーがうまくされず、剥がれなかった角質が毛穴を塞ぐことでできてしまいます。そのため、ピーリングなどの角質ケアを定期的に行い、肌のターンオーバーを正常化させることが、大人ニキビの予防とケアにつながります。・肌に優しいせっけんで洗顔大人ニキビの予防には、こまめな肌のケアが大切です。肌のターンオーバーを促すためにはきちんと汚れを落とすことが大切ですが、同時に余計な刺激を与えないようにすることも大切です。肌に優しい石鹸を選び、よく泡立てて洗ってあげるとよいでしょう。・乾燥対策思春期のニキビは過剰に皮脂が分泌されることが原因でしたが、大人ニキビは逆に肌の乾燥が原因になることもあります。肌の水分バランスを整えて理想的な状態を保つことが大切です。特に水分をきちんと補うことを意識しましょう。・質の良い睡眠をしっかりととる肌のためにはやはり睡眠が大切です。成長ホルモンは入眠後3時間以内に多く分泌されます。仮眠を繰り返す、睡眠時間が短いなど、睡眠不足の状態が続いては肌の回復が損なわれてしまいます。生活リズムをしっかりと安定させることで、睡眠に入りやすくなります。特に深い睡眠では成長ホルモンが分泌されるため、肌のターンオーバーを正常に行われるようになります。・食事のバランスに気を遣う肌のために大切な栄養素といえばビタミン群。野菜や果物からビタミンをとることはとても大切です。それに加え、大人ニキビの改善のにはたんぱく質をきちんととるようにしてください。たんぱく質は肉や魚、チーズや大豆製品に豊富に含まれます。脂質はとりすぎないように注意しましょう。・紫外線の対策をする紫外線は肌の奥の真皮にまでダメージを与え、乾燥や肌荒れの原因になります。またニキビ跡を悪化させてしまう場合もあるので注意が必要です。外出時には紫外線対策を忘れずに行いましょう。このように、大人ニキビの原因として、さまざまなものが考えられます。積極的なケアで肌のターンオーバーを正常に保ち、ニキビができにくい健康な肌を作ることが大切です。洗顔も肌に合ってないと肌荒れや、ニキビなどにつながりますから、肌に優しい石鹸を使用するなどケア方法を見直したり、生活習慣を見直すなど大人ニキビに無縁な肌を手に入れましょう。

もっと読む

ボディソープはNG?美肌に繋がる「身体の正しい洗い方」

美肌のための洗顔方法は色々ありますが、体の洗い方は意外と知らないことが多いもの。 そこで、体の肌を美しくキープする洗浄剤や、正しい洗い方などをご紹介します。 体の肌トラブルに悩んでいる方、必見です! 敏感肌には石鹸がおすすめ 皆さんは体の洗浄剤に何を使っていますか? 最近では香りの良いボディソープが多数販売されているので、利用されている方が多いかもしれませんね。 しかし敏感肌の方は、少し注意が必要です。 ボディソープには泡立ちを良くしたり、すすぎを早めるために合成の界面活性剤が使われています。 この界面活性剤が肌に刺激を与えて、乾燥や吹き出物を招いてしまう恐れがあるのです。 もしボディソープを使っていて不調を感じているなら、添加物の少ない石鹸をおすすめします。石鹸は合成の界面活性剤が使われておらす、肌に残っても分解されやすいため、肌に優しいのです。 ボディタオルにも注意しましょう 肌は意外なほど刺激に弱いもの。 しかし顔を洗う時は気をつけていても、体を洗う時は気を抜いている方が多いようです。 体も顔の肌同様、摩擦は禁物です。 硬い素材のものや合成繊維のボディタオルを使用すれば、あっという間に肌が傷ついてしまいます。 柔らかい天然素材のものを使うか、より優しく洗える手のひらを使うようにしましょう。 体の正しい洗い方 柔らかいボディタオルにお湯を含ませて、石鹸をこすりつけます。 ボディタオルをこすり合わせて、しっかりと泡を作りましょう。 泡を肌に塗り広げるようなイメージで体を洗います。 ※この時のボディタオルは、肌に触れるか触れないかぐらいでOKです。こすりつけると刺激になり、肌を傷つけてしまうので避けてくださいね。 吹き出物ができていたり、荒れているところは手のひらを使って優しく洗いましょう。 全身に泡が行き渡ったら、シャワーですすぎ流します。この時、お湯の温度は熱すぎても冷たすぎても×。35~38度程度のお湯ですすぎましょう。 お風呂から上がったら… 保湿は肌質に合わせて、ローションやオイルを使い分けましょう。ただし、正しく洗えていれば、それほど乾燥することはありません。 著しく乾燥を感じる場合は、体を洗い過ぎている恐れがあるので、肌をこすったりしていないか再チェックしてみてくださいね。 日頃の細かな注意で、健康かつ美しい肌をキープしていきましょう!

もっと読む
ページトップへ