0
¥0

現在カート内に商品はございません。

NEW ARRIVAL
RECOMMEND ITEM
MARIANA MAGAZINE

ダブル洗顔は大切! クレンジングと洗顔の「役割」と「選び方」

「クレンジングだけで肌の汚れが落ちている…?」 と感じて、洗顔を不要なものだと考えたことはありませんか? しかし、それは間違いです。 クレンジングと洗顔では落とせる汚れが違うため、クレンジング後の洗顔は重要です。 ただし、自分に合わないクレンジング料を使っていると、肌が乾燥してしまうかもしれません。 クレンジングの役割 クレンジングを行う理由は、メイクや不要な皮脂を落とすためです。 ファンデーションには、メイク崩れを防ぐために肌に密着しやすいよう油分が含まれている、もしくは粒子が細かく肌にフィットするようになっているものがあります。 また、汗をかいても落ちにくいウォータープルーフの日焼け止めも、クレンジングを行わないと落とせません。 こういったことから、クレンジングを怠ると肌にメイクの成分が残り、くすみなどの肌トラブルを引き起こす恐れがあるのです。 クレンジング料の選び方 クレンジングと洗顔のダブル洗顔による乾燥が気になる方は、クレンジング料の選び方が大切です。 クレンジング料には、さまざまなタイプがあります。オイルやクリーム、ミルクやジェル、ふき取りシートなど。 乾燥が気になる方でオイルや拭き取りシートなどのクレンジング料を使っている場合は、クリームやミルクタイプのものへと替えてみましょう。 オイルや拭き取りシートはしっかりとメイクを落とせる一方で、強いパワーが肌への負担を大きくします。 また拭き取りシートを使ってメイクを落とす時に、擦るように落としてしまうと肌との摩擦を起こしてしまい、肌へダメージを与えてしまっているので注意しましょう。 また、クリームタイプのものを使用している方の中には、ティッシュペーパーでふき取っている方もいるかもしれません。 この場合も肌にダメージを与えてしまうので、ふき取らず水で洗い流しましょう。 ジェルタイプには、油性と水性の2種類があります。 ジェルタイプの中でも、オイルフリーかつ水性のものは、肌への刺激が少ないためオススメです。 洗顔の役割 クレンジングで油分の汚れを落とした後は、洗顔で毛穴の汚れや古い角質などを取り除きましょう。 洗顔で不要な角質をキチンと落とさないと、皮脂と混ざって角栓が作られてしまい、毛穴が目立つ肌になってしまいます。 さらに、毛穴が詰まることでニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまうのです。 洗顔料の選び方 洗顔料もクレンジング料と同じく、クリームタイプや石鹸、泡の状態で出てくるものなど、さまざまなタイプがあります。 そのなかでも合成界面活性剤が使用されている洗顔料は、洗浄力が強く肌への負担も大きくなるので、成分を見て洗顔料を選ぶようにしましょう。 ただ合成界面活性剤にはさまざまな種類があるので、覚えきるのは大変です。 合成界面活性剤を避ける1つの方法として、不要な成分が含まれない洗顔石鹸、保湿力が高い洗顔石鹸を使うことがあげられます。 しかし、洗顔石鹸を使っても浸みるほどひどい乾燥肌の場合は、洗顔料を使わずにぬるま湯で優しく洗うと良いでしょう。 スキンケアにおいて、クレンジングと洗顔のダブル洗顔は欠かせません。 ぜひご自身の肌と相談しながら、クレンジング料と洗顔料を選んでくださいね。

もっと読む

お風呂でキレイに!バスタイムの美容効果を高めるポイント

バスタイムは、一日の疲れを取りながらキレイになれる貴重な時間です。 乾燥肌や冷え性や肌荒れなどを改善し、ダイエット効果や美容効果を高めてくれるお風呂の入り方のポイントをご紹介します。 入浴前の準備が大切! お風呂に入る前には、メイクをきちんと落としておきましょう。 また、コップ1杯の水を飲んでから入浴すれば、代謝が上がるとともに汗による脱水症状を防ぐことができます。 髪を洗うときのポイント 髪を洗う時には、最初に髪をお湯で洗って汚れを落としてからシャンプーをつけましょう。 まず、指の腹で頭皮をマッサージするように洗って、しっかりとすすぎ落とします。 トリートメントは毛先を中心に浸透させるようになじませ、しばらく置いてから流すようにしましょう。 時間をかけてしっかりとすすぐことで、頭皮のトラブルを防ぎ美しい髪を手に入れることにつながります。 体や顔を洗う時のポイント ナイロンタオルで体をゴシゴシ洗うのはやめましょう。 摩擦で角質層がキズつきバリア機能が失われ、乾燥しやすいお肌になってしまうのです。 せっけんやボディソープを手で泡立てて手のひらを使って体を洗えば、乾燥肌を防ぐことができます。 顔を洗うときにも、洗顔料をしっかりと泡立ててから優しく洗うようにしましょう。 指先を使って持ち上げるようなマッサージを加えながら洗い、ぬるま湯でしっかり泡を落とすのが、お肌に負担がかかりにくい洗顔方法です。 湯船に浸かるときのポイント 熱すぎるお湯に長時間浸かるとお肌に負担がかかり、うるおいが失われてしまうことがあります。美容効果を得るには、39度ぐらいのお湯に15分~20分じっくりと浸かるのがオススメです。体が芯から温まり、自然とカロリーも消費されるのでダイエットにつながります。 入浴剤やエッセンシャルオイルを使うのも良いでしょう。 血行を促進して冷えから体を守り、心身をリラックスさせてくれる効果があります。 お風呂上がりのポイント お風呂上がりのお肌は乾燥が進行しやすいため、スピーディーに保湿をしましょう。 お風呂から上がったらすぐに化粧水を使ってフェイスケアをします。 化粧水がお肌に浸透したら、乳液やクリームを使ってしっかりとうるおいをキープしましょう。 次に、乾ききる前の体にボディークリームやボディーオイルをしっかりと伸ばしながらつけるようにします。 フェイスケアとボディケアが済んだら、髪をタオルドライしてから乾かしていきましょう。 髪は根元の部分を手で持ち上げながら乾かすようにすれば、乾燥やパサつきを防いでつやのある髪をキープすることができます。 また、お風呂上がりには水を飲むなどしてお風呂で失われた水分を補い、内側からも乾燥や脱水を防ぐのが大切です。

もっと読む
ページトップへ