0
¥0

現在カート内に商品はございません。

MARIANA MAGAZINE

暮らし

ぬめりやカビ防止で快適空間へ!【バスルームの収納法】


バスルームを掃除するたびに、ぬめりやカビに悩まされていませんか?
日本のバスルームは湿気がこもりがちのため、ぬめりやカビが発生しやすいです。また、カビは皮脂をエサとするため、バスルームはカビにとって良い環境と言えるのです。

ではいったい、どのようにすればバスルームを快適な空間へと変えることができるのでしょうか。
ポイントは、「水気を切ること」です。

ハンギングして床からモノを離そう!
シャンプーやトリートメント、ボディソープなどのボトル類、石鹸ケース、洗顔料などをバスルームの床に置いたままにしていませんか?
それでは、ボトルの周辺に水が溜まりやすくなり、自らぬめりを招いているようなものです。
これを解消するために行いたいのが、ハンギングによる収納です。

タオルハンガーを使ってハンギング!
おそらく多くのご家庭では、バスルームにタオルハンガーが設置されていることでしょう。このタオルハンガーにS字フックを組み合わせたラックを吊るすことで、簡単に収納スペースを作ることができます。
このラックにシャンプーやトリートメントなどのボトルを入れることで、ボトルの底の水気を切ることができ、ぬめり防止になります。

ユニットバスならフチや壁を利用しよう!

1人暮らしだとユニットバスをお使いの方も多いと思います。そんな方にはコーナーラックがオススメです。
ステンレス製のコーナーラックなら、錆びにくいのでバスルームにピッタリ!また、水気を切りやすいデザインを選べば、以前のようにぬめりに悩まされることも少なくなるでしょう。

限られた空間を活用したい場合は、吸盤タイプのフックも良いでしょう。お風呂の掃除用具のスポンジなども床から離しておくことがぬめりやカビ防止において大切です。
掃除用具をフックにかけることで、水気を切ることができます。

シャワーフックも活用できる!
シャワーフックに引っかけるタイプのラックを使用すれば、限られたスペースをもっと有効活用できます。さらに、お子さんの散らかりがちなおもちゃもラックに収めることで、バスルーム掃除の際の手間も省けますよ。

カビやぬめり対策としては、床に置かない、物と物をくっつけない、水分を切る、この3つが大切です。
カビやぬめりでお悩みの方は、ぜひご紹介した収納方法を参考にして、バスルームを快適な空間へと変えてみてはいかがでしょうか。

いいね! (facebook)
ページトップへ