0
¥0

現在カート内に商品はございません。

MARIANA MAGAZINE

スキンケア・美容

水分が敵?石鹸を長持ちさせる使い方&保存方法

石鹸は添加物が少なく、肌に優しいとして愛用者が増えてきています。
しかし石鹸は、すぐにドロドロになったり減りが早いのが悩みの種。
そこで、大切な石鹸を長持ちさせる保存法や使い方をご紹介します!

1. 大きい石鹸はカットして使う

大きい石鹸は、そのまま使うと溶け出す量も多くなってしまいます。
小さく切ってから使うことで、より長く経済的に使うことができますよ。

≪石鹸のカット方法≫

  1. ラップを敷いたまな板や、洗った牛乳パックを用意します。
  2. 石鹸に対して、まっすぐ包丁の刃を入れましょう。
    ※固くて切れない場合は、レンジでほんの数秒温めると切れやすくなります。長く温めると溶けてしまうので、注意してくださいね。
  3. 石鹸が手頃なサイズに切れたら、使わない分は箱に入れて保管しましょう

2. スポンジ製の石鹸置きを使う

石鹸は、水はけの良い場所で保存するのが正解です。
プラスチックの石鹸置きより、水分を吸収するスポンジ製の石鹸置きを利用しましょう。
水切れが良いので、衛生面でも安心です。
スポンジは定期的に洗って、快適性を保ちましょう。

3. ネットに入れて吊るしておく

泡立て用のネットに石鹸を入れて、フック洗濯バサミで吊るしておきましょう。
水切れが良く、使用時もそのまま使えて便利ですよ。
ただし、ネットはしっかりと水気を切っておくこと
水分が残っていると石鹸が溶け出しますし、不衛生な状態になってしまいます。

4. 輪ゴムを巻く

2、3本の輪ゴムを石鹸に巻いておくことで、こすりすぎを防ぎ、減りを遅らせることができます。
すべりにくくなるため、石鹸を持ちやすくする意味でもおすすめです。
ただし水はけが良くなるわけではないので、スポンジ製の石鹸置きなどと組み合わせて使いましょう。

保存する場所にも注意を

いくら水はけの良い石鹸置きやネットを利用しても、水がかかるような場所では石鹸が溶けてしまいます。
たとえば浴室は、使用していない時でも湿気がこもりやすい場所です。
入浴中はシャワーの水が当たらない場所に置き、入浴後は浴室の外に出して保存しましょう。

また、洗面台でも注意が必要です。
水がかかる場所に置いてしまっては、浴室と同様のシチュエーションになってしまいます。
蛇口より少し離れた、水はけの良い場所に置きましょう。

石鹸の寿命は、いかに水分の染み込みを予防するかにかかっています。
水が触れない場所で保存し、快適な状態で最後まで使い切ってくださいね。

いいね! (facebook)
ページトップへ