Soap Making Vol.1

写真左からサンフラワー、アイランドスカイ、プルメリア

写真左からサンフラワー、アイランドスカイ、プルメリア

サイパンのラボでの、石鹸作りレポート 第一回

MARIANA OCEAN JAPANのスタッフが、サイパンにあるラボで石鹸作りを体験して来ました。

50種類以上ある石鹸の中から、今回は、タイプの違う人気の3種類(プルメリア、サンフラワー、アイランドスカイ)を作成しました。MARIANA OCEANの石鹸は、すべてコールドプロセス製法という昔ながらの製法で作っているため、一か月以上じっくりと熟成してようやく完成します。

 

コールドプロセス製法とは?

熱を加えず低温で作る方法で、原料である植物のオイルやエキスの良質な成分を壊さずに石鹸に閉じ込めることができます。

こうして作る石鹸には、天然のグリセリンが自然に含まれるため、洗い上がりもしっとりとすべすべになるのです!

石鹸作りの流れ

  1. レシピ通りに材料計量し準備する。ココナッツオイルやシアバターなどの油脂や苛性ソーダ、エッセンシャルオイルなど
  2. 苛性ソーダと精製水を混ぜる
  3. 油脂を溶かし、苛性ソーダ水と混ぜる。それぞれが40度になるように温度を調整してから行う
  4. 10分ほどひたすら混ぜ続ける
  5. 精油や着色料(鉱物)を加え型に流し込む
  6. 乾いたところで型だしをする
  7. 一か月から三か月程冷暗所で熟成して完成!

プルメリアのソープが完成!

優しいピンク色のマーブルに、黄色のクリアソープのアクセントが可愛いプルメリア。クリアソープの配合やマーブルの具合には作る人の感覚が反映され、ひとつひとつ個性がある石鹸に仕上がります。

プルメリアの花を実際に付け込んで抽出したというオイルは優しいレモン色で、ほんのり甘い香りがしましたよ!

MARIANA OCEANでは、サイパンに咲くプルメリアの花からエキスを抽出しています。ごくわずかしか採れない貴重なプルメリアエキスには、お肌に潤いを与え皮膚を健康に保つ働きがあります。上品で華やかな香りは南国を連想させ、緊張感を和らげる効果もあります。

オンラインショップでも、最も人気の石鹸のひとつです。

ichi mito